リベラルタイム12月号が発売されました

ビジネス情報誌「リベラルタイム」12月号が発売されました。

今月の相続税の話は、「不動産の活用」という視点ですが、

不要不急の不動産は生前に処分することを勧めています。

とりわけ遠隔地にある、投機投資目的で取得し場所もよくわからない不動産や、利用していないゴルフ会員権等は、相続人にとって煩わしいものです。

相続争いの元ともなります。

財産はシンプルにしてこそその価値が生まれるものです。

 

アエラ11月12日号にコメントが載っています

朝日新聞社発行のAERA2012年11月12日号の「相続増税で贈与のススメ」に

ちょっとだけですがコメントが載っています。

相続税の改正が間近に迫っています。

さまざまな相続税対策が言われていますが、贈与税の適切的確な活用が本筋です。

誤った認識と自分勝手な思い込みで贈与を行い、相続税の調査で課税当局ともめる事例がたくさんあります。

相続税対策や贈与税対策は専門家の意見をきちんと聞くことから始めてください。