アエラ 2014年2月3日号にコメントが登載されました

朝日新聞社の週刊アエラで「40代からの相続入門」シリーズ第3回目に私のコメントが囲みで載っています。

「KSKシステムが目を光らせる」という表題で、税務調査の怖さを語ったものです。

最近、相続税調査についてのコメントを求められることが多くなりました。

もとより税務調査はあまり気分がいいものではないのですが、

とりわけ相続税調査は、相続税の課税割合が低下していることから実際に出会うことが少なく、

また調査の内容が家族の深部を抉り取るようなことが多く、個人の財産を洗いざらい調べ上げることになるためミステリアスな印象を受けます。

実際もそのような調査を行っていますので所得税や法人税のような定型的な対応ができないことが多くあります。

調査の実態については昨年出版した拙著「相続税調査実態からみる申告書作成のテクニック」に詳しく書いてあります。