2014年3月21日号週刊朝日にコメントが載っています

週刊朝日相続税特集「相続税増税に備える②」の「強引な節税が税務調査でバレた!」

の中で、相続税調査の重要なターゲットは金融資産とりわけ家族名義金融資産です、とのコメントです。

相続人は金融資産は調査によっても容易に見つからないだろうと安易に隠匿に走りますが、

国税調査技術と情報収集能力の高さは半端なものではありません。

今や海外逃避資産でも簡単に見つかる時代です。

相続税対策は「隠匿」ではないことを十分に認識すべきです。