週刊エコノミストに調査事例が載りました。

来年からの相続税の改正に向けて、相続税対策があわただしくなりました。

このところ、雑誌社等の依頼は相続税調査に関してのものが多くなりました。

一般の方にとって、税務調査は未知の領域ですが、実はプロである税理士にとっても経験する機会はあまりありません。

週刊エコノミスト2014年5月20日号は「税務調査がやって来る!」という特集です。

特集記事の最初に「元国税調査官が明かす 相続税の申告漏れの見つけ方 自宅は財産情報の宝庫」として3ページにわたって事例を紹介しています。

事例そのものはフィクションですが、実際のところこの事例のパターンが大半です。