ブログの最近のブログ記事

2016年1月2月の講演会のご案内です

 

新年あけましておめでとうございます

今年も、よろしくお願いいたします。

昨年も全国各地でセミナーを行いました。参加していただいた先生方、大変ありがとうございました。

昨年施行された改正相続税法の影響で、予想された通り件数が飛躍的に増加しているようです。今年も相続税等資産税に関する情報を発信していきます。

2016年1月2月のセミナーのご案内です。

日程 地域 会場 主催者 テーマ
1月14日(木) 苫小牧 苫小牧市文化交流センター ㈱ミロク情報サービス 贈与税・相続税重要テーマワンポイント解説
1月20日(水) 高知 高知文化プラザ ㈱ミロク情報サービス 相続税受任から資料収集まで
1月22日(金) 神戸 神戸国際会館 ㈱ミロク情報サービス 譲渡所得の実務
2月10日(水) 新宿 ホテルセンチュリーサザンタワー 法律税金経営を学ぶ会 相続税申告書作成テクニック

 

2015年7月の講演会のご案内です

7月の講演会のご案内です

日程 地域 テーマ 主催者
7月3日 千葉 相続税の小口案件実務解説 東京税理士会千葉西支部
7月8日 大阪 相続税贈与税重要テーマワンポイント解説 ㈱ミロク情報サービス
7月16日 大阪 税理士のための相続税小口案件 ㈱東京アプレイザル
7月22日 つくば 相続税受任から申告書作成まで ㈱ミロク情報サービス

リベラルタイム12月号が発売されました

ビジネス情報誌「リベラルタイム」12月号が発売されました。

今月の相続税の話は、「不動産の活用」という視点ですが、

不要不急の不動産は生前に処分することを勧めています。

とりわけ遠隔地にある、投機投資目的で取得し場所もよくわからない不動産や、利用していないゴルフ会員権等は、相続人にとって煩わしいものです。

相続争いの元ともなります。

財産はシンプルにしてこそその価値が生まれるものです。

 

ビジネス月刊誌「リベラルタイム」9月号が発売されました

お盆休みで、ゆっくりするつもりが、かえって平日よりバタバタしている方もいることでしょう。

短い休暇を思い切り満喫するためには、このバタバタが欠かせないのでしょう。

夏の日差しは、少しずつ家の中に入り込んでいます。

ゴーヤと朝顔の簾がやっと様になってきたところです。

さて、ビジネス月刊誌「リベラルタイム」9月号が発売されました。

「サラリーマンでもわかる相続税・贈与税対策」第2回目が掲載されています。

今月は「相続税軽減のポイントは相続人の数」というテーマです。

字数の関係で、詳しく説明できませんでしたが、相続税対策では結構ポイントとなる部分です。

 

「平成24年度 よくわかる税制改正と実務の徹底対策」の紹介

 平成23年度税制改正大綱を受けた税制改正については、様々な事情から大きく3つに分断されました。いわゆる「税制整備法」は平成23年6月22日に成立し30日に施行され、「税制構築法」は平成23年11月30日に成立し12月2日に施行されました。また、「税制整備法」にも「税制構築法」にも取り入れられなかった相続税法等の改正については「社会保障と税の一体改革」の中で検討されることとなりました。

 また、平成23年3月11日に起きた東日本大震災の復興支援として「震災特例法第1弾」「震災特例法第2弾」及び「復興財源確保法」等がその間に成立しました。1年に満たない間にいくつもの税制改正や創設が行われましたが、この流れを的確にとらえるのは大変困難です。

 ご紹介する「平成24年度よくわかる税制改正と実務の徹底対策」は例年であれば税制改正大綱を受けた改正の概要の解説を主眼として執筆されます。平成24年版は平成23年中の改正を中心に解説し最後に平成24年度の税制改正案をわかりやすく解説しています。

 この本が平成23年中の改正の流れを把握するのに大変有用です。執筆者の一人として強くお薦めします。

東日本大震災

このたびの東日本大震災で被被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆さまに対し、深くお悔やみを申し上げます。

    

 3月11日からはや一月が経とうとしています。

私は岩手県釜石市で生まれ育ちました。三陸の美しい景観、港町のにおい、素朴な感性みんな心に体に染みついています。関東に住み、仕事を持っていますが、折につけ三陸の沿岸を訪れ、山々からの風や潮騒に身を浸し充電するという年月を過ごしてきました。

変わり果てた故郷の町並みや景色を見るにつけ、心が痛む毎日です。そして、避難所で過ごされている方々、転居を余儀なくされた方々の苦渋はいかばかりかと思います。新聞やテレビには現われないご苦労の積み重ねの毎日をお過ごしのことでしょう。

 それでも最近は復興の兆しも出ているようです。これから桜前線といっしょに温かさも東北に向かいます。

 一気に元の生活に戻ることは難しいとは思います。一歩一歩着実に復興するしかありません。一人一人にお手伝いをすることはできませんが、皆さんの生活の立て直しを心から応援しています。

一日も早く心身共に平安の日々が迎えられることを心よりお祈り申し上げます。

 頑張ってください。日本語で激励する最も力強い言葉です。頑張ってください。

2011年4月10日